CGパース、建築パースのストレート

建築CGパース制作の株式会社ストレートでは、調査・設計・提案書など様々なサービスをワンストップで提供致します。 VRなどの最先端技術やアニメーションも積極的に取り入れています。CAD教育・講習にも力を入れています。

News

シンプルな生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリーバックひとつ。これで約3年大阪でホテル生活を続けています。

私の自宅は東京の八王子です。現在仕事で大阪の心斎橋に単身赴任中でホテル暮らしを続けています。八王子へは2週間に1回程度で週末に帰省しています。

最近の宿泊料金は平日1泊3600円ぐらいです。なるべく経費を抑えるように、安いところを狙って宿泊しています。ビジネス街近くにあるので、通勤はとても便利です。私の場合、徒歩5分で会社に着きます。仕事で遅くなってもしっかり睡眠時間取れます。仕事という割り切った環境の中で利用する場所としてはとても快適です。

キャリーバックの中は、1週間分の衣類、ハンカチ、歯磨き、薬、髭剃り、爪切り、ハサミ、洗濯洗剤、ハンガー、折たみバック、お箸とスプーン、本一冊、ビニル袋といったところです。シャンプー、石鹸はホテルのアメニティを使っています。当然ながら一番スペースを取るものは衣類です、1週間分を携帯し週末にホテルのランドリーで洗濯します。最近は新しく洋服を買う時も携帯性を考えて買うようになりました。

季節の変わり目は悩ましいです。色々な状況を想定して洋服を組み合わせて使うことを想定します。そうするとなんだかんだ量が増えて重くなります。インナーに使うヒートテックもコンパクトで使い勝手よくて重宝するのですが、あれは枚数増やすと意外と重くなります。

寝巻きや歯ブラシはホテル備え付けのものもあるのですが、自分の愛用品を持参しています。直接体に触れるものはなじんでいるものが良いです。

薬は葛根湯を常備薬として持っています。何にでも効く薬だと信じています。おかげで最近10年ぐらいは病気知らずです。病院に通った記憶は歯医者と交通事故で外科手術を受けたぐらいです。

お箸やスプーンもたまに「あっ!」ってときがあって念のために持っています。食べられない辛さは何事にも耐え難いですから。たまに醤油があるといいなと思うこともありますが、これはスーパーの買い物の時に小さなビニル袋に入ったものでお持ち帰りできるものがあるので、それを使います。パックのお寿司についているあれです。

この3年はこれぐらいの持ち物で日常を過ごしていますが、特に不満なく快適に過ごせています。フットワークの軽い生活が楽しいと感じられるようです。こうやって見てみると自分の生活全体をもっとシンプルにすることもできるのかなーと考える今日この頃です。家には捨てられない荷物がたくさんあるので。。

心斎橋の街並み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る